わずか10センチの定位置移動で時短に

ゆうゆう素敵に暮らすヒントをお届けする、くつろぎ空間クリエイターの伊藤寛子です。


当たり前にパソコンを立ち上げて、当たり前にトップ画面が出て、当たり前にアイコンをクリックする。

そんな当たり前の一つに、出てきた画面の横にあるのをドラッグして、アウトルックのアイコンに辿り着く。
f0367060_10571403.jpg
でも、待てよ?

ドラッグしなくても大丈夫かも?と、アイコンの並び方を変えてみました。

そうしたら、ドラッグしなくてもすぐにクリックできるではありませんか!

こんな当たり前のことに、なぜ気が付かなかったのかしらね。

たった10㎝の定位置移動で、時短に。0.5秒かな?
f0367060_11003169.jpg
ありがとうございます。ポチッが励みです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村




[PR]
# by yuyu_suteki | 2017-11-23 11:01 | 「暮らし」 | Comments(0)

子ども部屋のリフォーム その2

ゆうゆう素敵に暮らすヒントをお届けする、くつろぎ空間クリエイターの伊藤寛子です。


前回の記事からずいぶん経ってしまいました。

リフォームは業者さんに頼みましたが、窓枠が焦げ茶色だったのを自分たちで白く塗りました。塗って大正解。 
f0367060_22171680.jpg
始めは壁も塗るつもりでしたが、いろいろ検討して結局はクロスにしました。色は白ですが、奥の壁はネイビー、天井の梁はブルー。全てクロスです。
f0367060_22182067.jpg
余ったペンキでクローゼットの棚の前面も塗りました。
f0367060_22192151.jpg
前面が白くなっただけでも印象がずいぶん違うもの。

床と壁、天井ができたあとは、いよいよ重要な入り口の扉部分になります。続きはまたあとで。

ありがとうございます。ポチッが励みです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村

[PR]
# by yuyu_suteki | 2017-11-08 22:20 | 「住」 | Comments(0)

子ども部屋のリフォーム その1

ゆうゆう素敵に暮らすヒントをお届けする、くつろぎ空間クリエイターの伊藤寛子です。


久々のブログです。
あんなに尻込みしていたFACE BOOKにすっかりはまってしまって、パソコンを開くのは必要最低限。やっぱり文章を打つのはパソコンの方がやりやすいですからね。

というわけで、前回「プロの力を借りよう」から5ヶ月。
そのプロにリフォームを頼み、子ども部屋を作り変えています。
プロに頼むところはプロに、自分たちでできるところは自分たちで、というわけで7月から取りかかってきたのにまだ終わりません(現在9月下旬)
まるでサグラダ・ファミリア大聖堂みたいだと思っているのですが・・・

では、リフォームの概要を。
今まで娘と息子が使っていた部屋は隣り合わせ、クローゼットを含めて一人5畳の広さでした。
その間の壁を取り払って、一つの部屋(10畳)にするというものです。
この部屋をどう使うかは後々説明するとして、築20年のこの部屋、7月に壁をぶち抜きました。

f0367060_22404317.jpg

f0367060_22405858.jpg

左右対称の部屋です。色の違いは電気の違いです。(かなり汚れてますねー)
家を作ったとき、真ん中は家具で仕切ってもいいと考えていたのですが、音が聞こえるのが嫌だからと娘に言われて壁で仕切ってしまいました。

簡単に仕切り壁を取り払えると思ったのですが・・・これが大変、上の部屋(ここは一階なのです)の重みを受けるので
新しく梁を入れないといけないと言われ、すごーく太い梁を付けることになりました。

そして、繋がった部屋はこんな感じになりました、ってよくわからないでしょうけど。
f0367060_23573678.jpg


f0367060_00001200.jpg

左から2番目が太い梁で、壁を取ったために付けたもの。右から2番目と一番左は始めからあった梁。一番右はある目的のために付けた梁。

大工さんの仕事の後、電気屋さん、クロスやさんが入ります。
今年の7月はもう真夏のように暑くて、毎日汗だくになってやってもらいました。

続きはまた。

ありがとうございます。ポチッが励みです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村

[PR]
# by yuyu_suteki | 2017-09-26 00:08 | 「夢」 | Comments(0)

プロの手を借りよう

ゆうゆう素敵に暮らすヒントをお届けする、くつろぎ空間クリエイターの伊藤寛子です。


自分がプロとしてよその家の家の片づけのお困りごとを解決したり、家のプランニングに携わったり、持てる力でサポートさせてもらっています。

でも、それが一人よがりになったり、お客様目線でなく自分目線での発信ばかりしていないか?すこし不安になってきたこともあって、今年は「プロの目で私や我が家を見てもらおう」と決めました。

まず、第一回はインテリア診断です。

次はクローゼット診断をしてもらいます。

お掃除もやってもらおうかな。


こうやってプロに頼むことで、お客様側の気持ちも分かるようになるんじゃないかしら。

本当は〇〇さんに片づけのアドバイスをしてもらいたいなとも思っているんです。


それから、プロの目で我が家を見直します。

築20年の我が家をもっともっと好きになれるように、大事にできるように。

ありがとうございます。ポチッが励みです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村
[PR]
# by yuyu_suteki | 2017-04-15 09:37 | 「夢」 | Comments(0)

やっと観に行けました。百段雛まつり

ゆうゆう素敵に暮らすヒントをお届けする、くつろぎ空間クリエイターの伊藤寛子です。


ずーっと行きたかった東京目黒雅叙園の百段雛まつり。友人を誘って、やっと行ってきました。

雅叙園という名前は知っていたものの、行くのは始めて。調べてみると、東京都の指定有形文化財で、80年以上の歴史ある木造建築でした。昔は料亭で、宴席のできる7つのお座敷が百段(とはいっても本当は99段)の階段廊下で繋がっています。

雅叙園は高層ビルやハイテクビルなど何棟かでできていますが、この百段階段のところへはエレベーターで行きます。もうその入り口から螺鈿の扉で圧倒されました。
f0367060_11164179.jpg

降りたところにはたくさんの吊し雛がお出迎え。
f0367060_11171379.jpg

中は撮影禁止なので、パンフレットから想像願います。
f0367060_11174987.jpg

室内の建具は技術の粋、格天井に描かれた絵は絢爛豪華。その空間に置かれた歴史を感じさせるお雛様は、その時代の裕福な暮らしの象徴のようでした。

心を満たしてから夢のような世界から現実に戻ってきて、お腹も満たし、お目当てのトイレに直行。ここのトイレも話題です。

まず、入り口からこの豪華さ。これも螺鈿です。
f0367060_1121474.jpg

中には川が流れ、赤い橋が架かっていて渡ります。
f0367060_11223540.jpg

この水は湧いていて、トレビの泉ならぬトイレの泉。お金もちゃんとありました。
f0367060_11231485.jpg

トイレの個室のドア。
f0367060_1124286.jpg

中の装飾や窓の桟。一つひとつのものだけでも素晴らしいです。
f0367060_11245647.jpg

f0367060_112581.jpg


好きなインテリアとは違うけれど、この手仕事の素晴らしさを見るだけでもいいですね。

こんなところで宴会をしていた人たちとは住む世界が違いすぎ。でも、この園内には気軽に立ち寄れるレストランもあるので、行ってみてはどうでしょうか?

昭和の竜宮城と称されるだけあります。目の保養というには目が覚めてしまうけれど、会場を出るとまた現実に戻った感、浦島太郎のような気持ちになりました。

興味のあるものを観る、別世界のものを観る、ときにはこんな時間をもちたいものです。

ありがとうございます。ポチッが励みです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村
[PR]
# by yuyu_suteki | 2017-03-15 11:34 | 「暮らし」 | Comments(0)

モノやことを片づけて、今とこれからを楽に楽しく、ゆうゆう素敵に暮らすヒントをお届けします


by kanko
プロフィールを見る
画像一覧