衣食余って住を買う

ゆうゆう素敵に暮らすヒントをお届けする、くつろぎ空間クリエイターの伊藤寛子です。


「衣食足りて住を知る」をもじって「衣食余って住を買う」

そのこころは?

「衣」つまり衣類、「食」は食料品、これらが家の中にありあまっている現代。

片づけられないモノの筆頭が衣類だそうです。

衝動買いしやすいモノ、なかなか手放せないモノ・・・それが衣類。

タンスからはみ出し、クローゼットに入りきらず、脱ぎっぱなしでソファの上や床に放り出され、

地層のように堆積していくモノ・・・それが衣類。

高かったから、まだ着られるから、思い出があるから・・・なかなか手放せない。


「食」もまたしかり

安いから、複数買うと割引になるから・・・と買う。

冷蔵庫にあるのを忘れ、乾物なら腐らないから・・・と買う。

好きだから、食べるつもりだから・・・と買う。

買ったモノで冷蔵庫はますます過密状態だから・・・忘れる。

入っているのを忘れてダメにするから・・・捨てる。


そして、現代、家の中がモノであふれ、狭いからもっと広いところに住もうとする。

収納が少ないから、もっと収納が多い家に住もうとする。

収納ケースが足りないからと、さらに買ってくる。

収納方法を工夫しようと、収納術が載っている本を買う。

さらに、収納たっぷりな家に住んでも、収納ケースをいくら買っても、片づかないから・・・

プロに来てもらう。


だから、「衣食余って住を買う」時代になったということ。


『とと姉ちゃん』もいよいよ雑誌を発刊することになりましたね。

『暮らしの手帖』ならぬ『あなたの暮し』

来週もますます面白くなりそうです。

ありがとうございます。ポチッが励みです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村
[PR]
by yuyu_suteki | 2016-07-16 22:39 | 「暮らし」 | Comments(0)

モノやことを片づけて、今とこれからを楽に楽しく、ゆうゆう素敵に暮らすヒントをお届けします


by kanko
プロフィールを見る
画像一覧