究極の定位置管理

ゆうゆう素敵に暮らすヒントをお届けする、くつろぎ空間クリエイターの伊藤寛子です。


板に穴を開けて、そこに筆記用具を挿す。

そんな道具を見てから、「そうだ。必要な筆記用具だけをこんなふうに挿しておけば、取りやすく戻しやすい。」と思うようになって・・・

必要な数だけ木に穴を開けて、夫に作ってもらいました。

黒いボールペンと鉛筆(周りの木も芯も黒)、赤と黒のマジック(カレンダー書き込み用)、ハサミ、虫メガネ、糊、線引き。全部で8個の文房具。
f0367060_22465145.jpg

ハサミと虫メガネだけは同居。

日々、大体これだけで足ります。って、もっと詳しく言えば、他にも文房具は使うけれど、よく使うモノはこれだけ。

出したら穴に戻す。ピタッと納まって気持ちがいい。絶対に戻したくなります。戻っていないことはないですね。

文房具がペン立てに何本もギュウギュウ詰めになっている人、いませんか?

黒や赤のボールペンやマジックも、それぞれの種類が一本ずつあれば間に合うはず。


そして、使ったら必ずそこに戻す。

究極の定位置。戻したくなる仕組みですよ。

ありがとうございます。ポチッが励みです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村
[PR]
by yuyu_suteki | 2016-09-24 22:49 | 「片づけ」 | Comments(0)

モノやことを片づけて、今とこれからを楽に楽しく、ゆうゆう素敵に暮らすヒントをお届けします


by kanko
プロフィールを見る
画像一覧