じゃまならば 外してしまおう その折れ戸

ゆうゆう素敵に暮らすヒントをお届けする、くつろぎ空間クリエイターの伊藤寛子です。


玄関脇に半間のクローゼットがあります。使う時は洗面所側から使います。

外出の時に脱ぎ着しやすい場所なので、そこには私と夫のコートが掛けてあります。下は非常用品や水や電球の予備など、ストック類置き場として使っています。


さて、ここには折れ戸が付いているのですが、洗面所に面しているので湿気が籠もらないようにというのと、玄関側からは見えないということから、折れ戸はいつも開けっ放しにしています。

ということは、折れ戸の厚み(2枚分)で6㎝以上場所を取ってしまってる訳です。

狭い我が家は、その前に大きなアイロン台を立てかけています。(洗面所でアイロンをかけるので)
それが邪魔になって狭いのとお掃除がしにくいのとで、う~ん、なんとかしたい~と。


そこで、閃きました。この扉を外してしまおうと。

外した扉をどうするか?ですね。それは大丈夫。

このクローゼットには枕棚がありません。建てたとき「付けないでください。」と大工さんにお願いしたのです。

というわけで、このようになりました。いつものことですが、ビフォーの写真を撮り忘れましたぁ。
f0367060_1161370.jpg

これは、扉を外したところに立てかけてあるアイロン台。

f0367060_117929.jpg

クローゼットの奥の茶色いのが折れ戸。

上部には登山用のリュックを入れているので、棚がないのです。


普通はクローゼットに棚があるので、こんな技はできないと思います。

ただ、後から付けたものは大抵外せるもの。

以前、住んでいたマンションでは子ども部屋の扉を外してしまいました。その代わりにカーテンを。

その外した扉の行く先は?というと、ベッドの下へ。ちょうど同じくらいの大きさです。もちろん、引っ越す時には付けてきましたよ。


邪魔ならば外してしまう。ということで、さらに快適になりました。

ありがとうございます。ポチッが励みです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村
[PR]
by yuyu_suteki | 2016-11-09 11:15 | 「住」 | Comments(0)

モノやことを片づけて、今とこれからを楽に楽しく、ゆうゆう素敵に暮らすヒントをお届けします


by kanko
プロフィールを見る
画像一覧