愛用のコートで手提げとポシェット

ゆうゆう素敵に暮らすヒントをお届けする、くつろぎ空間クリエイターの伊藤寛子です。


続いてのリメイクはバッグ2点です。

大好きで、かなり長い間着ていたテラコッタ色のハーフコート。さすがに袖口など傷んできて、着られなくなってしまいました。

でも、ただでは捨てませんよ。未練が残るからと袖や見頃でジョキジョキ切って分解。残しておくにも嵩を減らします。

じゃあ、何にするか?というと、ずーっとバッグに仕立てようと思っていました。でも、切り替えなどで切ってあるから、そう大きなパーツはないのです。

で、まずは必要になったA4が入る手提げに。後ろ身頃の一番大きなパーツで作ります。

ところが、合わせる布地にまた迷って・・・それで、物色。まあ、いろいろ持ってますのでね。

そして、見つけたのがジャケットの袖口です。またまた、写真取り損ない。このジャケットは友人がフリマ出品用に私にくれたもの。その袖口がどうにも長く、気に入ったけれど着られないというものでした。

その袖口のパイピングに目をつけたのです。こげ茶色に近い深緑と茶のパイピングの巾が、バッグの縁にピッタリ。しかも、袖口を伸ばした長さとバッグの巾がピッタリ。

それでできたA4の入る手提げがこれ。パイピング、わかりますか?
f0367060_10021483.jpg
付けたお花の素材は、このコートの裏地です。バッグの裏にも再利用。

続いて、あるパーティーに出るので、貴重品を入れるポシェットが必要だと思い、急遽夜なべして作ったのがこれです。
f0367060_10022447.jpg
ポシェットのベルトはもう処分したバッグの残しておいたベルト部分。

夜、急いで作ったものなので、慌ててかけたアイロンの温度が高すぎて、布を傷めてしまいました。仕方がないのでそこにヨーヨーキルトのお花を付けてカモフラージュ。
f0367060_10022141.jpg
一番左のところの色が白いのはそのせい(汗)上のラインは布地を継ぎ足したところのカモフラージュ。

リメイクは布地の大きさが自由に取れません。だからいろいろ工夫しなければならないけれど、これを工夫するのがまた面白い。なにせ、材料費はただなんですから。

そうそう、袖口を拝借したジャケットは、袖口を折ってかがって短くし、ジャケットとして私が着ています。

ありがとうございます。ポチッが励みです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村

[PR]
by yuyu_suteki | 2017-11-28 10:15 | 「もったいない」 | Comments(0)

モノやことを片づけて、今とこれからを楽に楽しく、ゆうゆう素敵に暮らすヒントをお届けします


by kanko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る