人気ブログランキング |

<   2016年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

食器洗いはエコたわしで

ゆうゆう素敵に暮らすヒントをお届けする、くつろぎ空間クリエイターの伊藤寛子です。


みなさんはエコたわしを使っていますか?

エコたわしというのはアクリルの毛糸で編んだもので、形や色は様々、ちょうど手のひらに乗るくらいの大きさです。

アクリルが食器に付いた汚れを取ってくれるので、洗剤を使わないでもきれいになるというもの。

我が家はずーっとというわけではないですが、結構このエコたわしを愛用しています。

今、はまっているのはこのコーヒーカップ型。ざざっと30分もあれば編めてしまいます。だからたくさん作ってプレゼントしちゃいます。
f0367060_22461030.jpg



食事が終わったら食器の汚れをまずボロ布で拭き取ってしまいます。

油汚れはこれで大体落としてしまうので、あとがとても楽。

次にお湯を使いながらこのエコたわしで擦ります。油汚れも落ち、そのまますすぎ。

汚れたたわしは時々洗剤で洗ってあげて干しておきます。


もう一つ、これで茶渋がきれいに取れるんです。クレンザーをつかわなくてもよいというわけ。

洗剤を全く使わないというわけでなく、使う量をとても少なくしているというところかしら。

その訳は、まずは手荒れがひどいということ。もう一つは、洗剤で下水を汚さないようにしたいということ。少しでもそれを心がけていきたいと思うから。


冬は手荒れがひどいので、縫い針を鍵針や棒針に持ち替えて、編み物三昧です。

ありがとうございます。ポチッが励みです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村
by yuyu_suteki | 2016-11-28 22:49 | 「食」 | Comments(0)

私はモノの仲人さん その2

ゆうゆう素敵に暮らすヒントをお届けする、くつろぎ空間クリエイターの伊藤寛子です。


あちらで要らなくなったモノをこちらに回す、手放したいと思っている人のモノを必要としている人に渡す。私はそんなモノの仲人さんのよう。


今回は友人mayumiさんの家の木酢液。

別の用事で訪ねることになっていたので、「他に何か手伝うことある?」と聞いたら、「古い木酢液があるんだけど・・・」と。
f0367060_23502062.jpg

早速、ガーデニング好きなyumiさんに連絡。猫避けに使っているとのこと。

それで、今日はその木酢液(なんと10Lくらいある)を午前中にもらい受け、午後にはyumiさん宅にもらわれて行きました。


もし、ガーデニングで使わなかったら、この木酢液はどうなるんでしょう?普通の液体と違って臭いもあるし。下水に流してよいのかもわかりません。

こうして、使ってくれる人のところへ行けて、よかったよかった。


友人たちがこうして煩悩品を手放し、家を快適な場所に変えていくことは、とてもうれしいこと。

悠々自適ならぬゆうゆう素敵に変わっていく様子が、とてもうれしい。

もったいない世代の端くれですからね。捨てずに活かす。

まだまだ縁結びをいたしますわよ。

ありがとうございます。ポチッが励みです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村
by yuyu_suteki | 2016-11-27 23:41 | 「もったいない」 | Comments(0)

煩悩品とさようなら あと5つ

ゆうゆう素敵に暮らすヒントをお届けする、くつろぎ空間クリエイターの伊藤寛子です。


もうすぐ12月。

今年も煩悩品を手放して続けて、あと5つで108個となりました。

今年はスチールハンガーを大量に手放しました。それは、木製のハンガーに替えたから。


そうしたら、講座の受講生に「ハンガーはまとめてでなく一本一本数えていいんですか?」と聞かれました。

いいんですよ。

小さなモノほど邪魔にならないから持ち続ける、大きなモノは邪魔だから手放す、って考えやすいけれど、モノに対しての思い入れは同じ。

だから、一つ一つ数えていきます。よくもまあ、108個も手放せるものだわね。


やっぱり衣類が多いかな?その分買っていないから、少しずつ減っているかな?

手帳に記録しているけれど、後から見ると手放したモノをすっかり忘れているんですね。後悔したモノも全くないし。

来年の手帳も買ったから、また続けます。

って、その前に家の中にモノを持ち込まないように気をつけましょ。



ありがとうございます。ポチッが励みです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村
by yuyu_suteki | 2016-11-27 00:30 | 「暮らし」 | Comments(0)

洗面所にアイロン台がある理由

ゆうゆう素敵に暮らすヒントをお届けする、くつろぎ空間クリエイターの伊藤寛子です。


洗面所になぜアイロン台があるの?

と、よく不思議がられるのですが、その理由はズバリ、そこでアイロンをかけるからです。


なぜ洗面所でアイロンをかけるの?

その理由はズバリ、そこで洗濯物を干すからです。


なぜ洗面所で洗濯物を干すの?

その理由はズバリ、干している時に雨が降ってきても構わないようにしているからです。


勤めていたので、外に干した洗濯物を雨が降ってきたからと急に取り込む訳にもいかず、もう何十年も室内干しをしてきました。

それでもちゃんと乾きます。

生乾きの時はアイロンをさっとかければいい(この大きなアイロン台を置く場所もないし・・・)それで洗面所に。つまり、使うところに使うモノをという収納の鉄則です。

ここにあれば干して、アイロンをかけてという一連の仕事ができます。

とはいっても、最近はアイロンをかける服はほとんどありません。しわを取ることとパッチワークのトップにアイロンをかけることくらい。


以前は洗濯機が二槽式だったので、もう少し楽にアイロン台を置けたのですが、全自動にしてからはちょっと狭くなってしまいました。

そのアイロン台を片づけたあとのクローゼットにしまうことができました。

これでさらにさらに、洗面所がゆったり。

それまではアイロン台やストックの水が床置きされて、なんてゴチャゴチャしていたでしょう。


クローゼットの扉を外す➝クローゼットの中のモノを全部出す➝掃除する➝不要のモノを手放す➝戻す➝今まで出ていたモノを中に収納する

スッキリしました。本当に。

ありがとうございます。ポチッが励みです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村
by yuyu_suteki | 2016-11-12 00:20 | 「衣」 | Comments(0)

じゃまならば 外してしまおう その折れ戸

ゆうゆう素敵に暮らすヒントをお届けする、くつろぎ空間クリエイターの伊藤寛子です。


玄関脇に半間のクローゼットがあります。使う時は洗面所側から使います。

外出の時に脱ぎ着しやすい場所なので、そこには私と夫のコートが掛けてあります。下は非常用品や水や電球の予備など、ストック類置き場として使っています。


さて、ここには折れ戸が付いているのですが、洗面所に面しているので湿気が籠もらないようにというのと、玄関側からは見えないということから、折れ戸はいつも開けっ放しにしています。

ということは、折れ戸の厚み(2枚分)で6㎝以上場所を取ってしまってる訳です。

狭い我が家は、その前に大きなアイロン台を立てかけています。(洗面所でアイロンをかけるので)
それが邪魔になって狭いのとお掃除がしにくいのとで、う~ん、なんとかしたい~と。


そこで、閃きました。この扉を外してしまおうと。

外した扉をどうするか?ですね。それは大丈夫。

このクローゼットには枕棚がありません。建てたとき「付けないでください。」と大工さんにお願いしたのです。

というわけで、このようになりました。いつものことですが、ビフォーの写真を撮り忘れましたぁ。
f0367060_1161370.jpg

これは、扉を外したところに立てかけてあるアイロン台。

f0367060_117929.jpg

クローゼットの奥の茶色いのが折れ戸。

上部には登山用のリュックを入れているので、棚がないのです。


普通はクローゼットに棚があるので、こんな技はできないと思います。

ただ、後から付けたものは大抵外せるもの。

以前、住んでいたマンションでは子ども部屋の扉を外してしまいました。その代わりにカーテンを。

その外した扉の行く先は?というと、ベッドの下へ。ちょうど同じくらいの大きさです。もちろん、引っ越す時には付けてきましたよ。


邪魔ならば外してしまう。ということで、さらに快適になりました。

ありがとうございます。ポチッが励みです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村
by yuyu_suteki | 2016-11-09 11:15 | 「住」 | Comments(0)

靴を数える

ゆうゆう素敵に暮らすヒントをお届けする、くつろぎ空間クリエイターの伊藤寛子です。


「持っている靴の数を数えましょう。履いている靴、履いていない靴、履けない靴(傷んでいるなど)」という宿題を連続講座の参加者のみなさんに出しました。

モノを捨てるとか捨てないとか言う前に、まずは持っているモノの量を把握してもらうことが狙い「です。数える中で気づくこと、数が多いとか、持っているけれど使っていないとか、ついつい買ってしまうとか・・・気づくことが大事だと思うから。


私は「靴を数える」ということをお勧めします。

靴をお勧めする理由とは?

①家族であっても靴は共有しない。ということは誰のモノということがはっきりしている。

②靴という機能がはっきりしている。(衣類だと分類も難しい)

③重ね履きできない。つまり、使うときは一足だけ。

④数えるにしても数えやすい範囲。(大体10~30足くらいかな?)

⑤収納しているところも玄関かその近くである。


そんな理由で、靴を数えてもらいます。

数が分かったところで、分類。それは〇〇用というのでなく、横軸にはカジュアルorフォーマル、縦軸には夏or冬、というマトリックスを使います。

フォーマルでは冠婚葬祭用の靴は必要不可欠です。カジュアルではサンダル(突っ掛け)のような靴。

夏はサンダル、冬はブーツ。それぞれフォーマルとカジュアルを持っている人もいますね。

普通の靴でもフォーマルとカジュアルがあるでしょう。それの夏用、冬用を使い分けている人もいるかしら?

さらに長靴。場合によっては雪の日用。

靴でなく下駄や草履もあるかしらね。

また、ウォーキング用、おしゃれ用、ビーチサンダルとか・・・で、こうやって見てくると10足以上になってしまいますね。

女性にとっては少なくてもこれくらいはもっているのではないでしょうか?男性は5足くらい?

仕事をしていれば、もう少し多いかもしれません。


こうやって必要な靴を図に表してみると、自分の持っている靴を客観的に見て、自分にとって必要な数や種類が見えてこないでしょうか?

まずは自分の持っているモノがどれだけあるか、調べてみるのはどうですか?

ありがとうございます。ポチッが励みです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村
by yuyu_suteki | 2016-11-04 22:48 | 「片づけ」 | Comments(0)

書けば叶う

ゆうゆう素敵に暮らすヒントをお届けする、くつろぎ空間クリエイターの伊藤寛子です。


早いもので今日から11月。

今年も残り二ヶ月。もう1年の6分の1しか残っていないとみるか?まだ6分の1残っているとみるか?

いつも手帳に書いているこの一年の夢。

今まで仕事もプライベートもいっしょに書いていたけれど、別々にしました。

新しい年の1月始まりの手帳についている前年の11月と12月のページを使って、仕事とプライベートをそれぞれ30個書き出しました。


夢が叶ったら花丸をつけます。今まででもうこんなに花丸が。

手帳の一番前に書いてあるので、いつも目にして意識することができるんです。

自分の力では叶えられないものもあるけれど、ちょっとがんばれば叶うものも。

そんなこと書いても叶うのは当たり前と思っていることだって、世の中平穏であればこそ叶えられるもの。いつ、何が起こるか分からない時代ですから、叶えられるということはいろいろな人の力があればこそなんですね。


というわけで、今年の手帳の後悔、おっとちがった公開です。
f0367060_219897.jpg


今年はまだ6分の1残っていまーす。

ありがとうございます。ポチッが励みです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村
by yuyu_suteki | 2016-11-01 21:10 | 「暮らし」 | Comments(0)

モノやことを片づけて、今とこれからを楽に楽しく、ゆうゆう素敵に暮らすヒントをお届けします


by kanko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る